スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体罰って?



みやっちのブログへお越しいただき、
ありがとうございます。
↓よかったらポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ

12-11-22高知の社長tvバナー
日本最大級の経営者web番組「高知の社長.tv」にUPいただきました。

こちらからご覧くださいね。

よかったらご覧いただいて、応援ポチっ&メッセージよろしくお願いします。




大阪市桜宮高校の体罰問題が報道されています。

自殺されたお子様、そしてご家族の皆様の心中は計り知れないものだと思います。

ただ、このような報道を受けて、
「テレビや新聞などマスコミの情報は、そのまま受け取ってはいけない。
マスコミでは言えない、言ってはいけないことがある。」
ということを強く感じます。

体罰のニュースを聞いて、私たち以上の世代の多くの人はこのように言います。

「自分達が子どものころは、よく叩かれた(殴られた)よなあ」

実際私も叩かれたこともありました。

でもそれは決して嫌なものではありませんでした。

いや、違うか?

そのときは嫌なものだったかもしれないけれど、

大人になってありがたい指導だったな、と感じることができた、

ということでしょうか?

教育の原点、親子関係でも私はよく悩みます。

でも絶対に大切なことは、

子どものことが大切で愛しているなら

心を鬼にして厳しく指導しなければならない、甘やかしてはならない

ということです。


もちろん言葉で言い聞かせることをしますが、

言葉では限界がある場合は

叩くこともあると思います。


それを体罰とか虐待とか言うのか?

ということです。

叩き方や回数、強さなど色々な要素があるから全てが容認できるものであるとは限りません。

でも、多くは愛情を持った指導だと思うのです。

上のようなことは残念ながら、
テレビや新聞では言えません。

でも、多くの人が持っている気持ちではないかと思います。

マスコミでは言えないからこそ、
ブログやfbなどで、非難を恐れずに
発言することも大事だと思います。

指導を受ける方よりも指導する方が、何倍もたいへんです。

次の健全な世代を育てるために

親も教師

心を鬼にして戦っています。


このようなことが起きたことを事実として捉えることは必要ですが、

一つの事実から

体罰はダメだ」「教師はダメだ」「学校はダメだ」「教育委員会はダメだ」

と決め付けることは避けたいと思います。




熱いポチっ お願いします!
br_decobanner_20100311001859.gif







Takashi Miyaji | バナーを作成


スポンサーサイト

Tag : 体罰 学校 教師

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。