スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Multi LEDsが進化!

s-07-04-12_Y氏宅乳白マザーC(圧縮)社長色修正分-(赤味引修正)


ラ・ヴィータ株式会社は、

販売が好調なLED照明「Multi LEDs」シリーズを、
コストパフォーマンスの高い製品に進化させて3月21日より発売します。

10-03-10_【ML1016】Multi_Cube高照度タイプ

対象となるのは、デザインのシャープさを強調した立方体形の「Multi Cube」と丸くて柔らかい印象の「Multi Round」。
当社従来品と比べ、明るさを約2倍にアップして、18,800円の低価格を実現しました。

さらに当社従来品と比べ、約6倍の明るさで市販のディマーと組み合わせて明るさを5~100%調節できる「高照度タイプ」を19,800円の低価格で発売します。

s-ML1015i.jpg s-ML1016i.jpg


この高照度タイプは、9.8Wの消費電力ながら白熱灯器具の60Wと同等の明るさが得られる設計で、

毎日7時間使用して15年間のランニングコストを比較した場合、1台あたり約44,000円の節約ができます。

ラ・ヴィータ株式会社では、2009年1月に発売した「kiraring」を含む合計78機種のラインアップで全国へ販売してゆくため、
四国以外の地域に販売契約法人を募集しています

販売契約法人のくわしくはこちらをご覧下さい。

本商品は3/21から楽天市場でも販売します。→こちら

s-10-03-21_Multi_LEDs_ラ・ヴィータ㈱1
↑クリックすると拡大します。カタログ請求はこちら
s-10-03-21_Multi_LEDs_ラ・ヴィータ㈱2
↑クリックすると拡大します。カタログ請求はこちら


1.「Multi Cube」「Multi Round」の詳細

(1)ラインアップ (合計50機種)
①Multi Cube高照度タイプ (2機種)
②Multi Cube (24機種)
③Multi Round (24機種)
(2)シリーズ
①アクリルカバーは、プリズム・乳白色の2種類。
②光色は、ウォーム(2,800K)・ウォームホワイト(3,000K)・ナチュラルホワイト(4,200K)の3種類。
※Multi Cube高照度タイプは、ウォームホワイト(3,000K)の1種類。
③屋外用(防水)・屋内用(非防水)の2種類があります。
※Multi Cube高照度タイプは、屋内用(非防水)の1種類。
④Multi Cube/Multi Roundには、災害等で停電が発生しても、自動的にバッテリーに切り替わり2晩以上点灯する機能を持つ「LED防災ライト"ぐらっパ!"」があります。
(3)消費電力
①Multi Cube高照度タイプ:9.8W
※毎日7時間使用する場合、1ヵ月の電気代:46円。電気代は22円/kwhで試算。
②Multi Cube/Multi Round:3.3W
※LED防災ライト”ぐらっパ!”の消費電力は5.1W。
(4)寿命:40,000時間以上
1日7時間点灯する場合、15年以上の長寿命。
(5)仕様
①Multi Cube高照度タイプ:市販の白熱灯ディマー(調光器)に対応
②サイズ
Multi Cube/Multi Cube高照度タイプ:107mm×107mm・高さ107mm
Multi Round:直径130 mm・高さ75mm
(6)価格
①Multi Cube高照度タイプ:19,800円
②Multi Cube:18,800円~
③Multi Round:25,800円~

2.販売目標:6,000台/年

3.ホームページ http://la-vita.co.jp/lighting/

4.本件お問い合わせ窓口
(1)ラ・ヴィータ株式会社
取締役営業部長 佐竹英和(さたけ ひでかず)
〒780-8690 高知市本町3丁目3番1号
TEL.(フリーコール)0800-111-1112、FAX.088-871-1332
E-mail:satake@la-vita.co.jp  
(2)宮地電機株式会社情報開発室
取締役室長 伊藤武史(いとう たけし)
〒780-8690 高知市本町3丁目3番1号
TEL.088-871-1111、FAX.088-871-1112
E-mail:itou-t@la-vita.co.jp  

↓応援の熱いポチっ お願いします!
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ - ジャンル : ビジネス

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。