スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日は龍馬脱藩祭

みやっちのブログへお越しいただき、
ありがとうございます。
↓よかったらポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ

明日は私の家の近く、
高知神田和霊神社
龍馬脱藩祭」が行われます。

11-03-01 龍馬脱藩祭チラシ

↑クリックすると拡大します!

第27回龍馬脱藩祭


■日時   平成23年3月20日午前10時~(脱藩神事午後1時)

■場所   和霊神社高知神田高神字水谷山2463番1)

大きな地図で見る

坂本龍馬は、文久2年(1862)3月24日に脱藩。その際、「吉野に花見に行く」と言って、神社に立ち寄り、水杯を交わし、決意したと伝えられています。

龍馬脱藩祭は、坂本龍馬脱藩決意の神社としてその心意気を受け継ぎ、
自由を求める新たな旅立ちの場として伝えていこうと、
昭和60年、和霊神社氏子や地元地区の高神公民館、高知青年会議所等が中心となり、
龍馬生誕150周年の記念事業として、
当時の中内力知事、横山龍雄高知市長等が参加し龍馬脱藩祭を初めて開催、
その後、毎年3月24日前後の日曜日に開催しています。

和霊神社とは?

s-IMG_5130.jpg


坂本龍馬(天保6年(1836)-慶応3年(1867))の4代前の先祖、
坂本八郎兵衛直益が宝暦12年(1762)に、
坂本家の屋敷神として宇和島の和霊神社を勧請し、
坂本家(才谷屋)の土地であった高知神田水谷山に建立したものです。

宇和島伊達藩家老山家清兵衛公頼が祭られています。

正殿の石祠に「奉建立山神社土儒郡神田水谷山宝暦12年壬午4月朔坂本八郎兵衛直益百拝」と刻まれています。


和霊神社宝刀とは?

第26回龍馬脱藩祭の模様

尾崎知事、岡崎市長もご出席の予定です。

ぜひ、ご出席くださいね。お待ちしています。

↓みやっち、がんばってえ!の熱いポチっ お願いします!
br_decobanner_20100311001859.gif

takamiyajiをフォローしましょう


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 高知(土佐) - ジャンル : 地域情報

Tag : 高知 神田 和霊神社 龍馬

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。