スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本大震災子ども支援プロジェクト発送します!

みやっちのブログへお越しいただき、
ありがとうございます。
↓よかったらポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ

s-kagu_b.jpg


被災した子どもたちに

文具や本を贈ろうという、

東日本大震災子ども支援プロジェクト!!

おかげさまで、

段ボール箱100箱を越える、
物資が集まりました。

特に
高知で BOOKOFF を展開する 四国文教サービス 様

高知市立旭小学校の皆様

には、

本当にたくさんの物資をご提供いただき、

ありがとうございます。

s-11-05-06 子供支援PJ 001

s-11-05-06 子供支援PJ 002

s-11-05-06 子供支援PJ 003
きちんと中身を書いていただきました。ありがとうございます。

s-11-05-06 子供支援PJ 004
メッセージつきも。

本日仕分けを行い、

明日の朝、秋田県湯沢に向けて発送します。

s-11-05-06 子供支援PJ 006


発送模様の写真追加しました。

南国運送の磯木さんありがとうございます。


秋田の心友えっちゃんが、岩手、宮城、福島の小学校へ配ります。

ほんとうにたくさんの協力ありがとうございます。








フォーラムol
↑クリックすると拡大します!


東日本大震災の教訓を必ず起こる南海地震対策に活かそう。

東日本大震災支援フォーラム
5/9(月)18:30~ ホテル日航高知旭ロイヤル

宮城県議会議長などにお越しいただき、震災から学びます。

申し込み不要・入場無料です。

ぜひ、一人でも多くの方にお知らせくださいね。

お問い合わせは宮地貴嗣 080-6393-5201 まで
お気軽にどうぞ。






長宗我部元親をテーマにした舞台

シアターキューブリック
「誰ガタメノ剣」


■日時5月20日(金)~22日(日)
5月20日(金) 18:30
21日(土) 14:00 18:30
22日(日) 14:00

■会場 高知県立美術館ホール
〒781-8123 高知県高知市高須353-2
TEL 088-866-8000

■チケット
大人 前売 3600円/当日 4200円
中高生 2200円 小学生 1200円

※開演前には、高知県立歴史民俗資料館宅間一之館長と若武者もとちかくんとの
楽しいトーク解説あり!

チケットのお求めは
 080-6393-5201 宮地貴嗣までどうぞ!

↓みやっち、がんばってえ!の熱いポチっ お願いします!
br_decobanner_20100311001859.gif

takamiyajiをフォローしましょう

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 社長のブログ - ジャンル : ビジネス

Tag : 高知 ラビータ ラ・ヴィータ 宮地電機 東日本大震災

コメント

東北大震災こども支援プロジェクト

旭小保護者です。
支援物資が仕分けされた写真、たーくさんアップされてましたね。運送トラックにつまれて、いざ発送の臨場感いっぱい。
来週さっそく保護者の皆さんにお伝えしますね!

偶然社長さんのブログを拝見したのは連休直前。
エンピツ1本からできる支援は、遠く離れた友達について、その窮状を想像し、これあげることならできる・・という子どもの素朴な気持ちひとつひとつを、形にしてくれると思いました。
ほとんどが使用済みのものでよいということや、送料の負担もない、地元で親しみのある企業さんのよびかけということで、支援がしやすく、周りにすすめやすい、子どもと話し合う良い機会もいただけるので、「これはのっちょかな!」と、学校によびかけました。

もちろん、支援というものは支援する側本位にすすめたり、評価したりするものではありません。
そして、できるなら、現金や新品の物資を送って差し上げたいです。
しかし、子育て中の一般家庭には、限界があり、支援のほとんどが、大人の作業になり、子どもたちにとって助け合いの経験が希薄になるのは、どうなの~?と思っていました。

そういう意味で、このたびのプロジェクトは、私たちのためになりました。
品物をお手元に受け取られた東北のお子さんたちにとっても、どうか物心ともに利益になりますよう祈っています。

連休直前のよびかけで、受付わずか2日間でしたが、先生方の迅速なご協力のもと、たくさんの品物が集まったのを見て、
「なにかできることをしたい」という多くの人の気持を感じました。
宮地社長さんには、お忙しい中様々なご配慮もいただきました。

見えない部分でのお手間もありましたでしょうに、本当にありがとうございました。
今後とも「よく生きたい」私たちに発信をよろしくお願いいたします。

Re: 東北大震災こども支援プロジェクト

旭小保護者さん

 うれしいうれしいコメントありがとうございます。

 まず、私のブログを見つけていただき、
 そして、旭小の子供たち、保護者の皆さんに声をかけていただき、
 ありがとうございました。

 多くの人たちが、何かできないか、と思っているけれど、
 自分ができることはなかなかない、

 というのが現状だと思います。

 一昨日、旭小学校へおうかがいさせていただきました。

 教頭先生も丁寧に対応していただきました。

 何よりもたくさんの文具や本に驚きましたし、
 ブログでも紹介させていただいたとおり、

 子供たちのメッセージに心打たれました。

 勝手に旭小学校の名前や
 いただいたメッセージつきの物資を
 掲載させていただきました。

 何か問題がありましたらご連絡くださいね。

 秋田のえっちゃんには、配る模様をよかったら写真送ってね、
 と頼んでいます。

 被災地の小学生に届く模様が届きましたら
 またこのブログで紹介しますね。

 本当に本当にありがとうございました。

 


> 旭小保護者です。
> 支援物資が仕分けされた写真、たーくさんアップされてましたね。運送トラックにつまれて、いざ発送の臨場感いっぱい。
> 来週さっそく保護者の皆さんにお伝えしますね!
>
> 偶然社長さんのブログを拝見したのは連休直前。
> エンピツ1本からできる支援は、遠く離れた友達について、その窮状を想像し、これあげることならできる・・という子どもの素朴な気持ちひとつひとつを、形にしてくれると思いました。
> ほとんどが使用済みのものでよいということや、送料の負担もない、地元で親しみのある企業さんのよびかけということで、支援がしやすく、周りにすすめやすい、子どもと話し合う良い機会もいただけるので、「これはのっちょかな!」と、学校によびかけました。
>
> もちろん、支援というものは支援する側本位にすすめたり、評価したりするものではありません。
> そして、できるなら、現金や新品の物資を送って差し上げたいです。
> しかし、子育て中の一般家庭には、限界があり、支援のほとんどが、大人の作業になり、子どもたちにとって助け合いの経験が希薄になるのは、どうなの~?と思っていました。
>
> そういう意味で、このたびのプロジェクトは、私たちのためになりました。
> 品物をお手元に受け取られた東北のお子さんたちにとっても、どうか物心ともに利益になりますよう祈っています。
>
> 連休直前のよびかけで、受付わずか2日間でしたが、先生方の迅速なご協力のもと、たくさんの品物が集まったのを見て、
> 「なにかできることをしたい」という多くの人の気持を感じました。
> 宮地社長さんには、お忙しい中様々なご配慮もいただきました。
>
> 見えない部分でのお手間もありましたでしょうに、本当にありがとうございました。
> 今後とも「よく生きたい」私たちに発信をよろしくお願いいたします。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。