スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉢呂大臣の辞任から思うこと。

みやっちのブログへお越しいただき、
ありがとうございます。
↓よかったらポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ

kochioentai-banner.gif




鉢呂大臣が辞任しました。

残念に思うとともに、なぜこうなってしまうのか、
と考えました。

まず、はじめに
「死の街」発言はともかくとして、
「放射能をうつしてやる」の発言が事実であったとしたら、
不適切であったと思いますし、
被災者の感情を考慮していないと思います。

しかし、メディアの報道の仕方に大きな問題を感じます。


鉢呂経産相辞任 記者クラブに言葉狩りされて

鉢呂大臣は過去も軽率な発言があり、
新閣僚の中でも、記者からマークされていたことと思います。

「死の街」発言は、素直な感想を言ったもので、
決して被災地をばかにしたものではありません。

それを「失言」「不適切発言」と取り上げたのは、
行き過ぎだと思います。

そして、「放射能をうつしてやる」発言。

オフレコの懇談での発言で、
メディアによっても「ほら放射能」「放射能をうつしてやる」など、言葉が異なります。

もちろん、オフレコの場で、このような発言や仕草をしたことは
軽率であることはまちがいありませんし、
鉢呂大臣が脇が甘いことはそのとおりですが、

オフレコ懇談会での出来事を
このような形でメディアに載せてしまうのはどうかと思います。

辞任会見で、
社名も名乗らず、ひどい口調で大臣を攻め立てる記者。
何か勘違いしているのではないか、と思います。

しかし、多くの国民はメディアを通じた情報しか得ることができません。

国民がメディアに対して疑いを持つことが重要ですが、
メディアにも品格を持ってほしいと思います。

政治家だけでなく、発言があっという間に伝わってしまう
恐ろしい時代。

発言が適切かどうかよりも
何をするか、何をしたかが一番大事です。

メディアを鵜呑みにするのではなく、自らの頭で考えることが大切ですね。



↓みやっち、がんばってえ!の熱いポチっ お願いします!

br_decobanner_20100311001859.gif

takamiyajiをフォローしましょう

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ - ジャンル : ビジネス

コメント

らしい!

こういった内容のブログが、みやっちさんに合ってますね。


反感もあるかと思いますが、流されるのではなく、
自分のいいたいことをはっきり言う。
そんな姿勢に憧れます。


これからも楽しみにしてます(笑)

Re: らしい!

マスオさん
ありがとうございます。

やっぱり結構、批判もありますね。


たまにはこういうのも、と思ってます。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。